矯正歯科治療

にし歯科医院でおこなえる矯正歯科治療

メタルブラケット

金属製の装置を歯に固定するタイプの治療法です。歯の矯正といえばこれを想像される方がほとんどだと思います。
目立ってしまうのは否めませんが、他の矯正方法と比べてリーズナブルなのが魅力です。治療効果が劣るということはありません。

セラミックブラケット

装置が金属ではなくセラミックでできています。固定方法は同じですが、銀色ではなく目立ちにくいのがメリットです。さらにオーリングも透明にすることで、さらに目立たなくなります。

マウスピース矯正

患者さまの歯列に合わせてカスタムオーダーした透明なマウスピースを、1日に20時間以上装着してもらいます。さらにその装置を2週間に1度交換することで、歯を徐々に移動させます。
ブラケットに比べて移動できる規模がかなり狭くなってしまうのですが、取り外し可能という手軽さが何よりのメリットといえるでしょう。

歯列矯正についてマンガでご紹介

インビザライン

インビザラインとは

インビザラインとは、アメリカで開発されたマウスピース型矯正装置です。患者様の歯型から作製した専用のマウスピースを1日20時間以上装着し、それを約2週間に1回新しいものに取り換えることで、確実に歯を動かしていきます。マウスピースは患者様自身で取り外せるので、矯正治療中もしっかりと歯をケアし、清潔な状態に保つことができます。

また、治療前と同じように食事を美味しく味わって頂くことも可能です。そして何より、インビザラインで使用されるマウスピースは透明なので、装着しても装置が目立つようなことはありません。

「歯並びをきれいにしたいけど、矯正装置が目立つのが心配」という方でも、安心して治療を受けて頂くことができます。

インビザラインのメリット

  • 患者様自身で取り外せるので、矯正治療中も歯を清潔に保つことができる。
  • 患者様自身で取り外せるので、治療前と同じように食事を美味しく味わうことができる。
  • 透明なマウスピースを使用するので、装置が目立たない。
  • 通常1回の型取りですべてのマウスピースを作製するので、型取りにともなう負担が少ない。
  • マウスピースは柔らかく滑らかな素材なので、お口の中を傷つけにくい。
  • 金属アレルギーの心配がない。

インビザラインによる矯正治療の流れ

1、カウンセリング

患者様から歯並びのお悩みや、治療に対するご要望などをカウンセリングします。

2、資料採取

レントゲン検査やCT検査などを行い、矯正治療に必要な資料を採取します。

3、虫歯や歯周病のチェック・治療

患者様のお口の中をチェックし、虫歯や歯周病などがないか確認します。

虫歯・歯周病がある場合には、先にそれらを治療します。

4、治療計画の立案

レントゲン画像、口腔内画像、歯型など、精密検査にて採取した資料を基に、インビザラインを提供するアライン・テクノロジー社が患者様の歯並びを3Dデジタル化します。

そのデータを基に歯科医師が治療計画を立案し、クリンチェック(治療開始から終了までの患者様の歯の動きを示した3Dシミュレーション)を作成します。

5、マウスピース発注

患者様に治療計画をご説明し、ご納得頂ければ、歯型を取ってマウスピースを発注します(通常、1回の型取りですべてのマウスピースを作製することができます)。

6、矯正治療開始

マウスピースが届いたら、それをお渡しするとともに使用方法などをご説明し、矯正治療を開始します。

7、定期メンテナンス

定期的にご来院頂き、マウスピースやお口の中の状態などを確認します。

8、矯正治療終了・最終確認

矯正治療終了後、歯並びや噛み合わせなどの最終確認を行います。

9、保定期間

治療後の歯の後戻りを防止するために、「リテーナー」と呼ばれる保定装置を装着します。この間も定期的にご来院頂き、お口の状態を確認します。

インビザラインの費用

インビザライン 650,000円~(税抜)