ホワイトニング・セラミック治療

ホワイトニングとは

加齢や食習慣(毎日の喫煙、コーヒーなど)により、歯に着色してしまうことは珍しいことではありません。しかし自然で美しい笑顔に似合うのは、何より白い歯のある口もとです。
歯の着色は、ホワイトニングで白くて素敵な状態に戻すことができます。
当院では従来よりもさらに透明さを失わず、白くなりすぎることのない第4世代といわれるホワイトニングを採用。歯にしみることもありません。
患者さまのご希望に沿って【ホーム・オフィス・デュアル】と3つの方法で施術可能です。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

薬剤を持ち帰っていただき、ご自宅でご自分で施術していただきます。自分のペースで進められる上、じっくり行えるので後戻りも少なくすみます。ただしその分、時間がかかってしまいます。

当院ではホームホワイトニングでは「WOW」という、スプレータイプの薬剤を使用いたします。従来のような患者さまに合わせたトレイを制作する必要がなく、安全・手軽に施術することができます。

オフィスホワイトニング

ご自宅ではなく、当院で施術をおこないます。ご自分で何かしなければならないという手間がなく、また短時間で白くなります。その代わり後戻りも早くなってしまいます。

当院のオフィスホワイトニングが「ポリリンホワイトニング」を採用。1〜6回の塗布で白く明るい歯を手に入れることができます。従来よりもしみにくく、色戻りも少なく、施術直後から飲食可能です。

デュアルホワイトニング

ホーム・オフィスの両方を併用します。高い効果が長持ちしますが、少し費用がかさんでしまうのがデメリットといえます。

Before

after

Before

after

Before

after

審美治療とは

審美歯科治療とは、歯の補綴(欠損した部分を人工物で補うこと)やホワイトニング、歯列矯正などといった治療をさします。
ここでは補綴による歯の審美修復、つまり歯並びや歯の形、色を美しく修復する方法についてご紹介いたします。

審美治療に用いるクラウンの種類について

オールセラミック

高強度のセラミックで製作したクラウン(冠)です。金属による補強の必要がなく、天然歯が持つ透明な美しさに近い色調を再現できます。 また変色やすりへりも少なく、アレルギーを起こしにくい性質でもあります。

メタルボンド

補強材料として裏打ちに金属を用いたクラウンです。変色やすりへりが少なく耐久度にすぐれますが、オールセラミックに比べると透明度では劣ります。 当院では、装着する歯を削った即日でクラウンを装着できるタイプのものもご用意しております。

ハイブリッドセラミック

セラミックと合成樹脂を合わせたもので、セラミックほどではありませんが粘り強さから割れにくいという特徴を持ち、またセラミックに近い美しさがあります。保険が適用できるためコストが安いというメリットがあります。

ジルコニア

メタルボンドでいう金属部分にジルコニアを用いています。ジルコニアは「白いメタル」とも呼ばれ、奥歯やブリッジにも使える強度を持ちます。
またセラミックより多少劣りますが、メタルフリーである分美しさは高く、金属アレルギーの心配もありません。

ラミネートベニア

表面をうすく削った歯に貼り付けるもので、いわば「歯の付け爪」ともいえます。自由に色を変えることができ、形も修正できます。ちょっとした歯の隙間を埋めたり、手軽に歯の色や形を修復するには最適です。

ホワイトニング・セラミック治療についてマンガでご説明