入れ歯・ブリッジ

失った歯の機能を取り戻す、3つの選択肢。

歯を1本でも失うと、噛む機能には大きな影響があります。それが前歯などであれば、見た目も気になられることでしょう。
こうしたとき、私たちが提示できるのは【入れ歯・ブリッジ・インプラント】の3つの選択肢です。
それぞれにメリットとデメリットがあり、患者さまの状況やご要望によってベストなものが異なります。

入れ歯
  • 最も症例数が多く、あらゆるケースに対応できる
  • 方法によって保険が適用できる
  • 噛む力が他に比べて弱く、噛み心地に劣ることも
  • バネに汚れがたまりやすく、また他の歯に負担がかかる場合がある
インプラント
  • 噛む機能も見た目も最も自然に近い
  • 他の歯に負担がかからない
  • 治療に時間がかかり、費用も他より高い
  • 定期的なメンテナンスが必須
ブリッジ
  • 装着したときの違和感は少ない
  • 方法によって保険が適用できる
  • 歯を削る必要がある
  • 他の歯に負担がかかってしまう

入れ歯

患者さまの日常的な生活習慣などを見て、それぞれに合ったものをお作りし、微妙な調整をくりかえすことでよりよい状態を目指します。 最初は保険適用のものを使って、普段の噛み癖や歩き方、好み(固いものが好きなど)を見て、それからよりフィットする自費診療の入れ歯にするのもよいかもしれません。 入れ歯が痛い、また口臭が気になるといった方はドライマウスの可能性もあります。

ノンクラスプデンチャー

金属の留め具(バネ)のない入れ歯です。そのため大きく口を開けても入れ歯だと気づかれにくく、入れ歯を支える歯にも負担がかかりません。

磁石式入れ歯(アタッチメント)

歯の根の部分に磁性金属を取り付け、入れ歯に入れた超小型磁石とくっつけることで固定します。装着・取り外しが容易で、お手入れが簡単です。

金属床義歯

入れ歯の基礎となる部分を金属で作ったものです。チタン、コバルトクロム、ゴールドなどがあり、いずれもプラスチック製よりも丈夫です。食べ物の温度をしっかり感じることができます。

ブリッジ

失われた歯の両隣にある歯を使い、橋を渡すようにして人工歯を装着する方法です。保険が適用できる上、見た目も機能も良くなるため非常にポピュラーな治療法といえます。

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 保険を適用すれば低コスト。
  • 入れ歯よりも噛みやすく、力も入れやすい。
  • 装着・取り外しの必要がない。
  • 歯と歯をつなぐことにより、力を分散させることが可能。

デメリット

  • 土台を作るため、隣の歯を削らなければならない。
  • 手入れがやや難しい。
  • 両隣に健康な歯がなければ適用できない。

インプラント

失われた歯の部分に歯根となるインプラント材を埋め込み、そこに人工歯をかぶせる治療法です。自然の歯とほぼ変わらない機能を回復させることができます。
当院では、インプラント治療をご希望の方には、インプラント治療の実績のある他院をご紹介させていただいております。ご不明な点等、御気軽にご相談ください。